【運動別にまとめて解決】
ダイエット中、空腹時の運動は良いの?悪いの?
運動前のベストな食事についてもご紹介します!

shutterstock_142335877.jpg

ダイエットを始めると、多くの方が運動も同時に行う場合がほとんどだと思います。

ダイエットの際は食事量を普段よりも少なくしている為、どうしても空腹時のタイミングで運動を行う時もあるかもしれません。

そこで、ダイエット指導を行っているクライアントさんに「空腹時に運動をしても大丈夫なのですか?」といった質問を受けることがよくあります。

ダイエット中に行う運動には、「有酸素運動」と「筋トレ(無酸素運動)」の2つがあります。

​今回はそれぞれの運動にフォーカスを当てて、空腹時の運動が良いのか悪いのかについて分かりやすく解説していきたいと思います。

​【結論その1】有酸素運動の場合は空腹時がベスト!!

まずは有酸素運動の場合ですが、こちらはズバリ、空腹時に行うことが良いです。

実は、空腹時で行う有酸素運動が体脂肪分解の観点から見た場合、最も理想的なタイミングなのです。

元々、ダイエット中に行う有酸素運動は脂肪燃焼の為に行うことが一般的です。

その為には、運動中のエネルギーを出来るだけ体脂肪から使ってあげる必要があります。

食後は通常よりも血糖値が高い状態にある為、食後のタイミングで有酸素運動を行ってしまうと、運動のエネルギーを血中の「糖」でまかなってしまい、運動で燃やされる体脂肪の量が少なくなってしまいます。

逆に空腹時は1日の中でも比較的血糖値が低いタイミングになる為、有酸素運動のエネルギー源を糖ではなく、体脂肪からより多く利用する事ができます

有酸素運動でより効率良くダイエットの効果を得たい方は、是非空腹時に行うようにしてみて下さい。

ただし、空腹時の運動のやり過ぎは禁物です!

具体的には心拍数が110〜140毎分くらいの強度で、長くても1時間以内には運動を終えるようにしたいところです。

空腹時に行う激し過ぎる運動は、エネルギー不足から時には貧血などの体調不良を引き起こす可能性もありますので、自身の体調と相談しながら慎重に行うようにしましょう。

※詳しいダイエットに効果的な有酸素運動の方法については、こちらの記事を参考にしてみ

 て下さい。<完全解説>ダイエット中にお勧めの有酸素運動

​【結論その2】筋トレの場合は食後1〜2時間後が理想的

次に筋トレの場合ですが、こちらは空腹時ではなく、食後1〜2時間ほどのあたりで運動を始めることが理想的です。

逆に空腹時の筋トレは筋肉の分解を促進してしまう為、特にトレーナー目線からは出来るだけ避けてもらいたいトレーニングのタイミングとなります。

なぜなら筋トレは有酸素運動とは異なり、体脂肪の燃焼の為ではなく、筋肉の合成(筋肉を増やすこと)や筋肉量の維持の為に行われるからです。

ダイエットでは体脂肪と同時に筋肉も落ちていってしまう為、筋トレを行うことで筋肉の分解を阻止するわけです

ところが空腹時にこの筋トレを行ってしまうと、筋肉が付かないどころか、筋トレのエネルギー源を筋肉そのものから利用しようと体が反応する為、結果悲しいことに筋肉の減少に繋がってしまいます。

筋トレのような瞬発力を必要とする運動は有酸素運動とはメカニズムが異なる為、体脂肪

 が運動の代替エネルギー源として使われることはあまりありません

筋トレ前は特にタンパク質を多めに摂取すると、筋肉合成や維持にとても良いです。

筋肉の材料となるタンパク質を運動前にしっかりと摂っておくことで、筋肉の作られやすい状態を作ることができるからです。

これを難しい言葉で、血中アミノ酸濃度の高い状態と言います。

またタンパク質だけではなく、ダイエット中でも筋トレ前は多少の糖質を摂るようにすると更に良いでしょう。

糖質を運動前に摂取しておくことで、運動のエネルギー源を筋肉からではなく糖から取り出すことができるので、結果的に筋肉の分解を阻止することができます。

運動(筋トレ)前に簡単に摂れるオススメの食事は??

​最後に、筋トレ前に簡単に摂れるオススメの食事についてご紹介していきたいと思います。

​先ほども述べたように、筋トレ前は高タンパクかつ適量の炭水化物の組み合わせになる食事が、筋肉を作ったり筋肉の分解を防止する点からはとても望ましいです。

しかしながら、忙しい毎日の中で筋トレ前の1〜2時間以内にこのようなバランスの良い食事を摂ることは中々難しいことと思います。

そこで簡単に摂れる筋トレ前のタンパク源として、ホエイプロテインを強くオススメします。

これなら水に溶かすだけで簡単に栄養摂取することができますし、血中のアミノ酸濃度をしっかりと高めた状態で筋トレに臨むことができます。

更にホエイプロテインは乳清から作られた良質な動物性タンパク質になりますので、特に筋肉の合成には効果的です。

このプロテインに加えて、糖質もある程度同時に摂るようにしたいところです。

そこで手軽に摂れる糖質食品として、バナナやおにぎりがとてもオススメです。

これらを筋トレ前の食事としてサクッと済ませてしまえば、空腹時のようなエネルギー不足になることなく、強度が高く質の良いトレーニングが可能になるはずです。

その結果、ダイエット中のあなたの筋肉は分解からしっかりと守られることになります。

いかがだったでしょうか?

空腹時の運動は、運動の種類によって良い場合もあれば悪い場合もあります。

食事のタイミングをしっかりと抑えて、運動の効果を最大限に引き出していきましょう!

ダイエットジムアウェイクは現在京都市内、「東福寺」と「四条大宮」に2店舗展開しているマンツーマン指導型の格安パーソナルジムです。

「京都駅」「四条駅」からも近く、四条河原町・烏丸五条・山科・伏見・桂・宇治・滋賀からもアクセスしやすくなっております。​

ここアウェイクでは、コンテスト入賞歴もある優秀なトレーナー陣があなたのダイエットを成功に導きます!

科学的に正しいトレーニングはもちろん、栄養学に基づいた細やかな食事指導も好評です。

是非この機会に、ダイエットジムアウェイクでフィットネスを始めてみませんか?​